イギリスの海外領土

ケイマン諸島はイギリスの海外領土であり、現在、世界で6番目の銀行センターで、国際トップ10の金融センターの一つである。世界トップ50社の銀行の内の40社はケイマン諸島に支店を設置している。

45ヶ国の銀行も世界中からケイマン諸島に設けています。この世界的な評価はケイマン諸島がトップクラスのオフショアセンターであることを証明している。ケイマン諸島は、自身の将来、次世代のために計画している財産や貯金を管理する最適な場所である。

ケイマン諸島の金融サービス業は40年前以上の歴史があるが、起源は1700年代にまで遡る。当時の歴史の遺産として、2点重要な点がある。 ― 英国のコモン・ローと、中立税制である。英国領ケイマン諸島では直接税が制定されたことがなく、消費に基づく間接税制度が課されている。英国領ケイマン諸島の経済は常に開かれた自由市場からなっており、その歴史的資本に投資し成功した1960年代以降、金融サービスセクターがその恩恵を受けている。

ケイマン諸島はカリブ海の北西にあり、マイアミから南へ650km、キューバから南へ300km、ジャマイカから北西へ315kmに位置する。
ケイマン諸島は格付け会社ムーディーズに“Aa3(AA-)”の主 権格付けで評価されています1。また、A.M.ベストにCRT-2 国の格付けで、経済、政治、金融のリスクが低いと評価され ています2。ケイマン諸島は政府が安定し、基盤を整備しており、また国際銀行業務と観光産業による経済が強い。
ケイマン諸島においては輸入税と印紙税の以外は非課税であるというオフショア・バンキングに有利な監督制度を行っている。
ケイマン諸島では、ケイマン諸島金融管理局の管制した整備の金融監督制度がある。ケイマン諸島の金融サービス業界は法令順守の文化を強く持っています。業界が確立したマネーロンダリング防止規則はその証明でもある。また、業界は整然としており、有数の経営良好な社団を通じて政府と商業または規制内容を連絡している。

1. 資料: Moody’s, May 2015
2. 資料: A.M. Best Country Risk Report, August 2014.
*これらはアドミニストレーション業務を行う事務所であり、ポリシーの発行地ではありません。