MFS Strategist’s Corner: 2月に六つの注目ポイント

MFS Strategist’s Corner: 2月に六つの注目ポイント

2014年まで低利率を維持することが決まると米国米連邦準備制度理事会が発表した。 現時点では、ヨーロッパの景気鈍化 又は後退することは固まりだろう。ヨーロッパの銀行システムを支える、及び金融信用危機を避けるために、欧州中央銀行(ECB) がどのような解決策、或いは米国式のTRAP(不要債権買取プログラム)を持ってくるのか注目されている。米国の経済— 景気回復の最初— 目立つのは2012年のはじめから、景気が停滞と伸び悩み気味である。第4四半期の中間点にある現在は、今期の収益を注目。米国の景気拡大は連邦の支持もあって、続くのだろう。

続きを読む

 

Share this post