マーケットボラティリティと 心理作用の高い今… 一呼吸おいて心の落ち着きを

マーケットボラティリティと 心理作用の高い今… 一呼吸おいて心の落ち着きを

2008年にあったような、当時以来のマーケット状況の日々ですが、これは新たな経済不況へ向かっていると考える必要はありません。もちろん、心配でストレスもありますが、投資の再検討を積極的に始めなければいけないということではありません。このようなマーケット不安は、長期投資にとってはチャンスを得るものでもあります。ご自身のゴールに焦点を合わせて投資の到達点に目を向け、このボラティリティのある環境の意味を理解することが必要です。

時間を味方につけ、長期に焦点を向けてご自身のご投資を確保するための戦略を優位に働かせましょう。

将来分早期拠出
将来分の拠出を早期に行うことが可能です。お手元のご資金がある場合低迷時の早期拠出は、優位に働く可能性があり、該当期間中の支払いの心配も必要なくなります。インベスターズトラストでは、エボリューション、S&P500及びMSCIインデックスプラン、確定利回りポートフォリオ15年プランで早期拠出をお受けします。

ドルコスト平均
定期的にドルの一定額を投資に拠出する戦略を言います。経済状況に関わらず毎月継続し、同じ価格で一括拠出するのではなく、異なるタイミング・価格で購入時期を分散させるものです。この戦略では結果的に、特定な価格での投資でなく俯瞰的なトレンドによるリターンを得ることになり、マーケットのタイミングの問題を除去します。

拠出の継続
マーケットのボラティリティは、目標を失わせたり、拠出に変更を加える必要があるものではありません。現状の拠出を継続し、長期のゴールにフォーカスし続けることが重要です。

あらゆる危機的状況は、良い機会をも呼び、またこのようなボラティリティがある環境に直面することは初めてではありません。弊社では、投資家の利益につながる機会を求め続け、現状を乗り越えていくための指南ご提供を努めてまいります。

Share this post